情報活用

情報は活用することで血となり肉となる

世の中に溢れる膨大な情報は人間が処理できる限界を超えてます。当初必要と感じた情報はプリントして終わり。コピーして終わり。結局書類の底に埋もれてしまい二度と活用されることなく破棄されてしまう・・・ことが多いのでは。情報もアナログ保存からデジタル保存することで、有効活用ができるのにモッタイナイと思いませんか。情報は自分の血となり肉となれるよう徹底的に活用しましょう。

生涯勉強

「学問に王道なし」とは言うけれど

 
学生は勉強が仕事と言われますが、社会人になると学生以上に勉強が必要となります。「学問に王道なし」の通り、社会人も地道にコツコツ勉強すべきですが、学生と違うのは勉強のために十分な時間を与えられないこと。仕事に効率化を求められるということは勉強にも効率化を求められるということです。学生時代には詰め込み教育の弊害が叫ばれますが、社会人の勉強はまさに詰め込みです。業務の効率化を追求するために勉強も効率化が必要。ウエブページの印刷、書籍のコピー、記事の切り抜きをファイリング、それだけで満足することの無いよう、勉強や知識収集はアナログからデジタルに切り替えて徹底的に活用しましょう。

能力の限界

世の中全ての情報を脳に取り込む必要はない

 
元横綱は「体力の限界!」で引退しましたが、仕事で「能力の限界!」と途中で放り投げるわけにはいきません。脳は重要なことだけに活用し、二の次である作業はパソコンにまかせましょう。膨大な情報を全て抱え込み無理をすると、結局納期に間に合わずゴメンナサイで済まない事態となってしまいます。自分の能力は過信せず、足りない能力をを補うためにパソコンなどのIT機器を活用すべきです。

第二の脳

限界を超えるには足りない能力を補う

 
何をするにも限界があります。その限界を超えようと人は努力するのですが、自分の能力に限界を感じたときにはITで補いましょう。ゲームやSNS、動画などでインターネットを楽しむのはよいことですが、どうせなら自己啓発で活用しませんか。パソコンは眠らせることなく、プログラミングで命を吹き込み、自分の成長のために活用しましょう。

コンテンツ管理

イーユーソリューションズのサンプル「コンテンツ管理」のご案内

 
イーユーソリューションズのコンテンツ管理は広義では文書管理となりますが、自分が重要とする情報を体形的に階層管理し、必要なデータを簡単に取り出せる仕組みを搭載したツールです。
 

イーユーソリューションズ「コンテンツ管理」のメリット

  • 雑多な情報を階層別に登録管理ができる
  • 階層間を横断するタグ検索ができる
  • 文書に属性を付加し関連した情報も管理できる
  • 高機能ブックマークとして利用できる
  • 参照回数別、登録日別などで並び替えができる
  • データベースに保存するのはURL情報のみなので内容がシンプル
  • クラウドストレージの索引データベースとして利用できる
  • 何より第二の脳として仕事、勉強をサポートしてくれる

 

先行きは不安ばかり。世の中はリアルな「アリとキリギリス」になっています。先の事ばかり心配してどうなる。今が楽しければ良いだろうという考えも人それぞれですが、備えをしないことで困るのは自分自身です。せっかくIT技術が進んでいるのに、そんなものに頼りたくないと避けて通るのはモッタイナイ。手間暇かけずムダを省き合理的に。は日本人の美徳に反しますが、固定観念に囚われず何でも試してみる前向きさが必要だと感じます。ITは眠らせることなく貪欲に活用し、生活をカイゼンしていきませんか。「生きる」こと自体が苦労そのものです。少しでも苦労を減らすために仕事も勉強もITを有効活用し「ラクに苦労」しましょう。